乾燥小じわを消す方法!セラミド補給で簡単改善

乾燥小じわは化粧品を使わなくても消すことができる!セラミドを内側から補給して対策

小じわを消す方法

小ジワはどうしてきるの?原因と対策方法

乾燥が一番の原因

人の肌は一番外側にある表皮から真皮・皮下組織といった順に大まかにいえば3層になっています。小ジワはできるのは外側にある表皮にできます。しかし、何もしないでおくと悪化して小ジワが深くまで達して大きなシワへなるケースもあります。

もともとの表皮の目的は外部からの守るバリア機能です。乾燥することでそのバリア機能は破壊されて小ジワとなって現れます。小ジワができやす場所として、目元や口元が多いとされています。理由としては、人が日常で最も多く動かす場所だからです。肌に上に膜のように張られた表皮は動かす度に屈曲しています。しかし、肌の水分が失われている乾燥肌では、その屈曲のクセが残りやすくなりシワとなって現れてきます。

紫外線も原因

紫外線の効果も絶大です。人の肌は光を浴びることで栄養を得ますがそれは骨の栄養分です。皮膚にとっては紫外線は天敵です。「日焼け」は、女性にとっては良い印象を与えません。「光老化」という言葉があるぐらいです。健康な真皮にはセラミドやコラーゲンといった成分が多く含まれています。しかし、そんな健康を保つ成分は紫外線によって破壊されてしまいます。

「なんで20代を超えてくると気になってくるの?」子供の時は紫外線など気にせず外で遊ぶことはりますが、子供は大人と違い再生能力がはるかに優れています。コラーゲンやセラミドといった肌内の成分をすぐの再生してシワをできる暇もないからです。

その他の原因

たばこによる活性酸素の発生

活性酸素が発生すると、肌は酸化してコラーゲンが固くなります。それに、肌にハリや弾力がなくなりシワのできやすい環境ができあがります。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンには皮膚の弾力を支える効果があります。10代~20代はピチピチと言われているのもこの影響かもしれません。30代以降は女性ホルモンが減少していき肌の弾力が低下していき小ジワが増えてくる可能性があります。

顔の表情が豊か

怒ったり笑ったりして眉間にシワができたり目尻や額などにできる表情ジワと呼ばれるものがあります。だからといって無表情でいることを勧めているわけではありません。顔を動かしているだけでもシワができる原因にに繋がります。

小ジワなら予防でキレイになる

多少の小ジワであれば、その後のスキンケアで予防していけばそれ以上進行することがないように抑えることはできます。しかし、大きなシワに関しては現代の医療では治療ぐらいしか消す手段はないように思います。

-小じわを消す方法